業務用食品パック、食品トレー、お弁当パック、フードパックなどリサイクル、リユースに最適な食品容器の開発、製造は株式会社ヨコタ東北にお任せください。

環境保護の精神

エコ容器「P&Pリ・リパック」の誕生

循環型社会の実現と環境負荷低減のため、環境に配慮した製品の開発に取り組み、1998年(平成10年)に「はがせるトレーP&Pリ・リパック」は誕生しました。
開発のきっかけとなったのは、1995年に起きた阪神・淡路大震災でした。家屋が倒壊し、ガス・電気・水道などのライフラインも甚大な被害を受けた中での生活を余儀なくされた被災者の方々。飲む水も不自由とされる大変な生活の中、毎日食事をとる際はお皿にラップを敷き、食べ終わったらその汚れたラップをはがしてお皿を洗わない工夫をなさっていたそうです。
水資源を使用せず、「必要最小限の汚れたラップのみがゴミになる」というその知恵は、「はがせる容器P&Pリ・リパック」の原点といえるでしょう。
当社はこれからも環境・人・社会にやさしい企業であるために、食品トレーを通じて環境活動を推進してまいります。

P&Pリ・リパックの特徴

水資源を守る ゴミを減らす 天然資源を守る
トレーを洗わずにリサイクルできるので、水を節約し、また、川や海を汚しません。このため、水の使えない屋外での使用にも適しています。 はがしたフィルムだけがゴミとなるので、ゴミの量を大幅に削減することができます。また、フィルムは燃やしても有害なガスや物質が発生しないため、安心です。 簡単にリサイクルに参加できるので回収量が増加します。再生原料を利用することで、天然資源の使用抑制と保護につながります。



P&Pリ・リパック環境負荷削減率

株式会社ヨコタ東北のはがせる容器「P&Pリ・リパック」について実践したLCI分析では、全量廃棄した場合に比べ、<回収率60%の場合>で
・エネルギー削減率30%以上
・二酸化炭素削減率46%
・廃棄物削減60% 
という結果が得られました。
(LCI比較実施機関 東京大学生産技術研究所安井至研究所)

これらの特徴からP&Pリ・リパックを使用することでCO2排出削減につながり、地球温暖化防止に貢献することができます。



トレー回収実績と効果

現在、トレーの回収はスーパーマーケットをはじめ全国120ヵ所の大学生協や各イベント等で行われ、環境保全への意識向上とリサイクルの輪の拡がりが確実に高まっています。
「ゴミも分別すれば資源である――。」しかし、それが周知されていなくては再資源化へは結びつきません。
当社は、消費者の方に気軽にリサイクルへ参加していただくために、リサイクル方法をトレーへ明記し、呼びかけています。
また、「トレー100枚で約4.2gのCO2が削減される」等、具体的数値を掲げてPR活動を行っております。
回収されたトレーは、全量再生材料として使用することが可能です。トレーリサイクルは、地球温暖化・資源の枯渇問題の改善へ大きく貢献しています。

トレー回収における環境負荷低減効果



事業活動と環境影響

当社は、製品の材料調達から廃棄にいたるまで、ライフサイクル全体に及ぼされる環境影響を把握しています。また、一貫生産プロセスによる製品作りを行っているため、各工程での品質管理、また前後工程での状況確認やトレーサビリティーが徹底して行えます。

IN PUT
原料 (ヴァージン) 938.5t
原料 (リサイクル・回収トレー含む) 720.1t
フィルム 29.8t
電気 6,413,590kWh
軽油 2,454L
水 24,493m3

↓

食品トレー 一貫生産プロセス

ペレタイジング工程
回収されたトレーや当社の端材を白トレーや色トレーに分別し、ベルトコンベアで機械の中へ投入します。200℃以上の熱で溶融し、ホットカットペレタイザーで均一にカットし出来上がったペレットをフレコンへ圧送します。

↓
シート押出工程
ペレットを熱溶融し、スクリューで押出してシートを成形します。フィルムは接着剤を使用しない、熱溶融方式により接着しています。また、再生部分をバージン材でサンドイッチすることにより衛生的な問題もクリアしています。

↓
容器成型工程
巻き取ったシートを真空成型します。フィルムのはがしやすさを考え、トレーの角が簡単に折れるよう、ハーフカットする技術を導入。抜きカスは粉砕機にかけられ地下を通ってサイロに圧送されます。最後に厳重に検品、エアーをかけ、箱詰めして出荷します。

↓

PUT OUT
製品 1,113.0t
端材など (リサイクル) 575.4t
廃棄物 5.9t
CO2 2,315t
水 24,493m3



ヨコタ東北の環境マネジメント活動

当社では、企業経営にとって重要な環境テーマである「地球温暖化・廃棄物問題・有害化学物質管理」へ確実に対応するため、2004年5月に「ISO14001」を認証取得しました。以後、環境方針を基に目的・目標を掲げ、環境保全に貢献すべく活動を推進してまいりました。
特に、廃棄物の再資源化にいたっては、前年度46.4%に対し、今年度は66.1%と大幅に増加しており、廃棄物排出削減に大きく貢献しております。

環境目標と実績

範 囲:2007年4月〜2008年3月
基準年:2002年4月〜2003年3月
【「評価」欄 凡例 ◎=達成状況良好です △=未達成ですが努力を続けています】

環境側面 最終目的 2007年度目標 成果 評価 2008年度目標
電力使用 製品1kgあたりの電力使用量を基準年比30%削減を目指す 基準年比27%削減を目指す 25%削減で目標未達成 基準年比30%削減を目指す
廃棄物排出 製品1tあたりの廃棄物排出量を基準年比85%削減を目指す 基準年比70%削減を目指す 79%削減で目標達成 基準年比80%削減を目指す
環境教育推進 見学者を基準年比85%増加を目指す 基準年比85%増加を目指す 97%増加で目標達成 環境教育実施件数を52.5%を目指す
トレー回収 回収率向上を全国区に展開する ・基準年比29%増加を目指す(回収率49.9%)・全国区の現状を把握する 48.0%増加で目標未達成 ・基準年比29%増加を目指す・大学生協の回収率40%以上を目指す

製品や私たちの活動に関するお問い合わせはこちらからお寄せください。
※お電話でのお問い合わせもお待ちしております。

お問い合わせ

▲ページのトップに戻る

ヨコタの取り組み

YOKOTA 食品容器総合メーカー・株式会社ヨコタ東北